書籍、小説

漆黒の仮面

題材スタイル: 
書籍タイプ: 

殺し屋&盗み屋である漆黒の仮面。
仮面をつけたその男は何かを探し続けていた。
ある日、盗みに入っていた所をある少年と出会い、彼を助手として傍に置くことにした。
少年は頭の回転が早く、逃げ道のルート確認や、機械の操作などなんでも手早くできた。
ある日少年は仮面の男の過去が知りたいと言い、仮面の男はそれを受け入れた。だが、思いもよらぬ過去であり、少年は信じられなかった。
その後仮面の男と少年は…

暗黒童話

題材スタイル: 
書籍タイプ: 

その鴉《からす》が人間の言葉を話せたのはその鴉《からす》が人間の言葉を話せたのはその鴉《からす》が人間の言葉を話せたのはその鴉《からす》が人間の言葉を話せたのはその鴉《からす》が人間の言葉を話せたのはその鴉《からす》が人間の言葉を話せたのは

シガーライトブルース

題材スタイル: 
書籍タイプ: 

煙たい空気の中下らない笑い話とか漠然とした不安とかを喋る話。

渇いた舌

題材スタイル: 
書籍タイプ: 

五百年間、人間に監禁されていた吸血鬼が、渇望したものは、本当に愛したものの血であった。渇望したのは、血か、それともその者か。ただ渇き飢えた吸血鬼は、穏やかに闇にのまれゆく。

会いたいとは、もらさずに。

Vampiri Kiss

題材スタイル: 
書籍タイプ: 

男装カフェで働いている男装女子達のお話。
カフェを立ちあげる計画を立てる頃からそのカフェが人気になるまでを描く日常日記。
皆の汗と努力の結晶がしみじみ伝わってくる日記である。

街角より

題材スタイル: 
書籍タイプ: 

のんびりとした僕の一週間が始まる。ポーランドの古都クラクフの街角にヤコブの両替屋はある。亡くなった祖父から引き継いだ古い店だ。隣の写真屋店主アルタール、日本人観光客のケイ、アルタールの娘のニーナ、一人暮らしの老婆ヴェロニカ、そして飼い猫のミミ。なんでもない日々と、なんでもない人々の一週間の物語。

大学生の夜遊び

題材スタイル: 
書籍タイプ: 

この春から近所の国立大学に通うことになった主人公が、ある日の夜中に出会った巨人と、それを取り巻く人間に振り回されたり、振り回したりする。

木洩れ陽のシャ流

題材スタイル: 
書籍タイプ: 

高校生の少年少女が、弓道でインターハイを目指す話。弓道部員達にはそれぞれ様々な思いがあった。

弱小校である青嵐高校に、ある時個人全中王者が入部した。しかし、王者だった頃の面影は無くなっていた。

赤い月の下で

題材スタイル: 
書籍タイプ: 

ここで死ぬわけにはいかなかった。
自分のためにも地球のためにも。
どうすればいいかはわからない。
ヒントはただ1つ。少女との通信のみ。

long ear girl

題材スタイル: 
書籍タイプ: 

進化した世界で生きる異形の新人類の少女、その少女の人生を書いた物語。

おいてって

題材スタイル: 
書籍タイプ: 

家を出なければならない母と出られない娘

堕天使マネヨーズの誕生

題材スタイル: 
書籍タイプ: 

天使マネヨーズを孕んだ卵と雲に生み落とされた、残りふたつの卵は何も生まれるものがないまま、雲の消滅とともに海へ落ちた。そのためか、マネヨーズは生れながらに羽を持たず、その代わりに、黒と白のふたつの肉体を備えていた。
光を溶かしたように濃密な橙の髪と瞳をしたマネヨーズは、数多いる天使の中にも無類の美しさであった…

薄桃

題材スタイル: 
書籍タイプ: 

妻子に先立たれた私は一人縁側で庭にある桜の木を眺めていた。しかしいつの間にやら春になると空色の着物を着た少女が満開の桜の木の下で仰向けに横たわっている。気になり、声をかけてみると……

霊恋

題材スタイル: 
書籍タイプ: 

事故で死んでしまった女の子早乙女レイは恋をしたことがないことが心残りで成仏できずにいた。
しかしレイは恋人に一途な男の子、月流トオルに出会い…

勉強の神様は人見知り

題材スタイル: 
書籍タイプ: 

勉強よりも運動が得意な如月まどか、ピカピカの高校一年生、陸上部所属。彼女はとあるきっかけから医者になる決意をした。成績を上げるにはどうすればいいか……悩む彼女が出会ったのがクラスメイトの一柳誠だった。メガネで無口、勉強は得意だけど人付き合いが苦手、大人しくて存在感の乏しい誠をまどかは「勉強の神様」だと勝手に思い込み、教えを乞うことになる。誠が教える勉強方法で成績を上げていくまどか。一方、まどかと接することで人見知りが徐々に直っていく誠。これは、そんな鈍い二人の春風のような青春とほのかな恋の物語です。