書籍、小説

NewBook(1)

題材スタイル: 
書籍タイプ: 

なんとなく電子書籍作成App[EveryWriter]をインストールしてみたので
本を作ってみました。
簡単なものです。
どんな機能が使えるのか?
使い勝手はどうか?
など試していきたいです。

ORBITAL QUALIA

題材スタイル: 
書籍タイプ: 

「七年戦争〜フランス革命期に魔法が存在していたら?」
という歴史改変されたifの世界。中世から近代へ向かう激動のヨーロッパが舞台。
コール魔導学園を軸に世界を巡り、世界に翻弄される少女。
導くはマギステル、ユダヤのラビのはぐれ者。
あなたが記録した、流転しゆく物語。

Harry Potter

題材スタイル: 
書籍タイプ: 

魔法魔術学校ホグワーツでの生活で一人の孤独に苛まれる少女が新しい家族と友人、勇気と信頼を得る物語

欠けている

題材スタイル: 
書籍タイプ: 

恋人に裏切られ、大喧嘩のあげく大怪我を負い病院に運びこまれた鈴木薫。入院している薫に何故か優しく話しかけてくる女性患者がいる。何故その女性は自分のような人間なんかに、そんなに親しみをもった態度で接してくるのか? 薫は訝しながらも、退屈な入院生活を紛らす為にその女性と交流をしていくことになるが……。どこか欠けている女達の、チョット歪んだ友情を描いた物語。

Eggs

題材スタイル: 
書籍タイプ: 

圭が夏のバカンスで家族と
きた島の近くの無人島にどうしようなく心ひかれ一人で行こうとします

圭がのったボートがひっくり返り頭をうち気を失います

そこで
圭にとって大切なものとなる大きな大きな生き物に出会います

ウォーターゲート

題材スタイル: 
書籍タイプ: 

ありとあらゆる水の流れが繋がっている世界。コップの飲料水から太平洋まで、水の扉(ウォーターゲート)の向こうには人ならざる者たちが棲んでいる…。

夏の終わり。超大型低気圧が上陸し、湿度92%という観測史上初の異常気象に見舞われていた。カナヅチと低身長がコンプレックスの意地っ張りな高校生、戸渡 健(とわたり けん)は宙を舞う人魚と遭遇する。湿度の上昇により水の扉が緩んだのだ。人魚に懐かれた健は人魚とその守りに付きまとわれる羽目に。

健には何度も繰り返し見る夢があった。覗き込んだ水溜りに引きずり込まれる夢。
人魚に懐かれていることに気づいた健の祖父・悟は人魚など水の扉の向こう側の者たちを「つるみもの」というのだと教える。
「つるみものに騙されるな」という祖父の教えとは逆に、健は人魚のことをいつしか友達のように感じ始めていた。

気圧は次第に変化し、湿度が少しずつ下がり始めた頃。つるみものたちに追いかけられていた健を助けた人魚は、予期せぬ晴れ間の空気に溺れる。

場所は奇しくも水之宮の境内。「神様、こいつを助けてくれ!」祈ることしかできない健の願いに応えたかのように水溜りが突如光を放つ。ウォーターゲートが開かれたのだ。健はカナヅチの自分を省みず人魚を抱いてウォーターゲートへと飛び込む。

魔女の宅急便

題材スタイル: 
書籍タイプ: 

これは何番禅師かもわからない、魔女の宅急便...キキのお話です。
生暖かい目で見守ってください。

オホンッ(せストーリーばらい)
のどかな田舎町に住むキキは魔女の血統を受け継ぐ花の13歳の女の子、女子力は低め。
《満月の夜魔女のいない街を探し、定住して修行を積むべし》、という魔女の面倒くさいしストーリーたりによって親に養ってもらえる生活は終わり残酷にも終わりを告げることとなりました。

心霊スポット

題材スタイル: 
書籍タイプ: 

バカ3人組が怖いことをし、恐怖が迫ってくる物語・・・・・。

夜は星を眺めて・・・。

題材スタイル: 
書籍タイプ: 

楽しく過ごしていた日々。
笑いあってた日々。
その日々が崩れ始める。

姉の離婚

題材スタイル: 
書籍タイプ: 

姉が離婚し、義理の兄だった宮部誠は元義理の兄へと関係が変化した。そしてひょんなことからオウムとネコに振りまわされる私と、それを見る飼い主である宮部誠。二人の関係は、だんだんと歪んでいく。

あの夏 一巻

題材スタイル: 
書籍タイプ: 

朝目覚めたら知らない村にた三川泉。
楽しかった思い出だけが残り、他は思い出せない。
泉と最初に出会った加藤慶一
泉と話していくうちに恋に落ちる

甘くて酸っぱい物語。

國戦 -GOKUSEN-

題材スタイル: 
書籍タイプ: 

基本的な構想

生徒Aは1年B組のリーダー格

突如、不良高校1年B組の生徒Aにひったくりの嫌疑

本当は無実だが、犯人と彼の特徴が余りにも似ており、ましてや彼自身も不良な為、学校上層部(校長 教頭)は学校の名誉の為に早期の自主退学を求める。

そして、彼自身も迷惑はかけられないと、当初は自主退学の要求を呑もうとする。

だが、ヤンクミの説得により自主退学のサインは押さず

これを知ったB組生徒は憤怒。一部がライバル校舎への潜入を計画、実行

そして、潜入の結果、ライバル校舎生徒Gが本物の犯人だと知る。

しかし、B組生徒数名は敗北。拘束されてしまう。

残りのB組生徒は救出の為、総突撃を敢行。

B組生徒は劣勢に。追い詰められてしまうが、ヤンクミの登場により戦局は有利に。

敵校舎生徒リーダーだけが生き残り、ヤンクミとタイマン。

ヤンクミ勝利。C組生徒Aの嫌疑は晴れ、ライバル校舎生徒Gは逮捕へ。

FIN

深海の瞳と氷の心

題材スタイル: 
書籍タイプ: 

零、レイジ、和月この3人で
殺人の仕事をしている。
つまり殺し屋。
零は頭の切れる天才、
レイジはナイフの使い手、
和月は凄腕のスナイパー。

怨嗟の穴

題材スタイル: 
書籍タイプ: 

 あるところに、記憶帽子なるものがあった。なんとそいつは被るだけで、人の記憶を観ることができるらしいのだ。けど、もしこんな便利なものがあったら社会はどうなるだろうか? 人間はどうなるだろうか? この物語はそんな便利な代物を手にした愚か者どもの不愉快なさまをお楽しみいただくものである。

真面目がクズに成り下がるまでの16年

題材スタイル: 
書籍タイプ: 

私の16年生きてきた中でのクソみたいな経験などなど書いていきたいと思います。
胸糞悪くなる場合があるのでそういうのが苦手な方はカムバック!!!!
『16年しか生きてないクソガキが何抜かしとんねんボケ』なんて思うかも知れませんが好き勝手書かせていただきますのでよろしくお願いします。