長編小説

心霊スポット

題材スタイル: 
書籍タイプ: 

付き合って半年の桜と大輝。
桜はデート場所にとある心霊スポットを提案する。
それは山の奥の方にある廃墟で、ふざけてそこに入った人が数人の霊が窓から覗いているのを目撃したという。その人は帰ったあと、言語障害になり、しばらくして時空が歪んだと言い残してショック死してしまったらしい。ヤダーコワーイ あまり気の乗らない大輝を無理矢理連れていざ廃墟へ

ユース王国戦記

題材スタイル: 
書籍タイプ: 

ユース王国は小国だった。しかし、第26代目王のフリーディアが大幅な軍備拡張を進めた。これに危機を覚えた周辺諸国は、同盟を結成した。事実、ユース王国は周辺国への侵攻計画を立てていた。そして、遂にその時は来た・・・

Lustitae

題材スタイル: 
書籍タイプ: 

大気が汚染され天魔地震という大規模な地震で魔物の中には突然変異し、凶悪になった魔物が溢れた。その、魔物から街を守るべく
聖核(コア)という小さな石で結界を作り、平和を保っている世界、ノースフェリア。
この世界には
平和と秩序を重んじる〝騎士団〟
自由を象徴し、空をかける〝空賊〟
海を渡り宝を奪う〝海賊〟
山など草木を愛し陸を旅する〝山賊〟
街や道中を歩いている人達に悪さを働く〝盗賊〟
様々な職業組合〝ギルド〟
が存在する。
ノースフェリアは午前と午後という時間概念の他に儚時(はかなどき)という時間が存在
儚時とは、時間という概念が存在しない時間
空は淡く夜明けの空のような色になり
空からは小さな蛍の様な光が降り注ぐ。
1説によるとこれは死者の魂が
ノースフェリアにこの時間だけ降り立っているという話だ。

騎士団の裏を知ってしまい、騎士団に嫌気がさして騎士団を辞め、空賊になった下町の青年ユウはある日、下町の水聖核が何者かによって奪われてしまう。そしてユウは下町の水聖核を探すために貴族街に出る。
そこでとある1人の名前が浮上する。

Lustitie-2

題材スタイル: 
書籍タイプ: 

大気が汚染され天魔地震という大規模な地震で魔物の中には突然変異し、凶悪になった魔物が溢れた。その、魔物から街を守るべく
聖核(コア)という小さな石で結界を作り、平和を保っている世界、ノースフェリア。
この世界には
平和と秩序を重んじる〝騎士団〟
自由を象徴し、空をかける〝空賊〟
海を渡り宝を奪う〝海賊〟
山など草木を愛し陸を旅する〝山賊〟
街や道中を歩いている人達に悪さを働く〝盗賊〟
様々な職業組合〝ギルド〟
が存在する。
ノースフェリアは午前と午後という時間概念の他に儚時(はかなどき)という時間が存在
儚時とは、時間という概念が存在しない時間
空は淡く夜明けの空のような色になり
空からは小さな蛍の様な光が降り注ぐ。
1説によるとこれは死者の魂が
ノースフェリアにこの時間だけ降り立っているという話だ。

騎士団の裏を知ってしまい、騎士団に嫌気がさして騎士団を辞め、空賊になった下町の青年ユウはある日、下町の水聖核が何者かによって奪われてしまう。そしてユウは下町の水聖核を探すために貴族街に出る。
そこでとある1人の名前が浮上する。

Lustitie

題材スタイル: 
書籍タイプ: 

大気が汚染され天魔地震という大規模な地震で魔物の中には突然変異し、凶悪になった魔物が溢れた。その、魔物から街を守るべく
聖核(コア)という小さな石で結界を作り、平和を保っている世界、ノースフェリア。
この世界には
平和と秩序を重んじる〝騎士団〟
自由を象徴し、空をかける〝空賊〟
海を渡り宝を奪う〝海賊〟
山など草木を愛し陸を旅する〝山賊〟
街や道中を歩いている人達に悪さを働く〝盗賊〟
様々な職業組合〝ギルド〟
が存在する。
ノースフェリアは午前と午後という時間概念の他に儚時(はかなどき)という時間が存在
儚時とは、時間という概念が存在しない時間
空は淡く夜明けの空のような色になり
空からは小さな蛍の様な光が降り注ぐ。
1説によるとこれは死者の魂が
ノースフェリアにこの時間だけ降り立っているという話だ。

騎士団の裏を知ってしまい、騎士団に嫌気がさして騎士団を辞め、空賊になった下町の青年ユウはある日、下町の水聖核が何者かによって奪われてしまう。そしてユウは下町の水聖核を探すために貴族街に出る。
そこでとある1人の名前が浮上する。

英雄の息子は世界征服を企む~未来の英雄王~

題材スタイル: 
書籍タイプ: 

ホールン領次期当主であるシュヴェルト・ホールンは、アリベンス王国との戦いで戦功を上げ、教皇軍最高司令官カミネルに認められる。

彼の見事な策略でアリベンス王国軍を打ち破り、領内に侵攻しようとしたとき。王都から急使がやってくる。

『魔物の襲撃により、王都カラリヤ陥落寸前! 北方軍、東方軍、南方軍は国境線の守りを捨て、直ちに救援されたし!』

カミネルと共に王都へ参じようとしたシュヴェルトは、その道中で衝撃のものを目にする。
それを一掃し、王都へ馳せ参じ、玉座の間へ行った。

そこで見たのは、暗殺者と父ボリアールが切り結ぶ姿。
そして、父が暗殺者の手にかかる場面だった。

その場にいたカミネルと共に暗殺者に打ち勝ったシュヴェルトは、王女と共に王城から脱出する。
そうして自領に帰還した直後。

『今回の騒動の首謀者はボリアール卿。第一、第二、第三王子以外の王族は国王含め崩御なさった』と教皇が発表。
自らの父に汚名を着せられたシュヴェルトは激怒。
王女の旗の下、教皇打倒の兵を挙げた。

魔法使いは今日も歌を謳う

題材スタイル: 
書籍タイプ: 

魔法使いの中でも一番最高のランクを誇るのが「大魔法使い」。
大魔法使いを夢見たただ一人の少女と勇者でありながら、この世界にたった一人しかいない「大魔法使い」の称号を持つ青年の物語。

ある日、主人公の柚舞は魔法学者である父にお使いを頼まれ隣町の野草屋に来ていた。その帰りに男とぶつかって転んでしまう。柚舞は男に抗議しようとするが男の様子は何処か変でフラフラしていた。
心配して声をかけるが男は柚舞を無視し、歩きだそうとした為、男の裾をグッと引っ張り、男を押し倒し…?!

木漏れ日の幽霊

題材スタイル: 
書籍タイプ: 

一(にのまえ)すずは、困惑していた。
今、目の前で日常を壊している男は、幽霊なのだ。幽霊の名は瀬古貴希。この日から、彼女にとって忘れられない日々が始まる…

祖母のいない家で巻き起こる、不思議な生活。
そして、様々な幽霊たちとの出会い、別れ……

彼らの未練とは。そして、貴樹の死に隠された、真実とは……

記そ憶のカケラ

題材スタイル: 
書籍タイプ: 

変わらない日常
変わらない街
そんな中でも
何かを隠して生活している人が間違いなくいる。
私もその中の1人。
誰にも話さず
誰も信じず
未来なんて分からない。
これから自分がどうなっていくかなんて。
ただ一つだけわかる事がある。
きっと私の場合は悲しみだ。

双子のマッチ売りからの?

題材スタイル: 
書籍タイプ: 

大きなイベント中の商店街に来た5人の仲良し組そのうちの一人の女の子がお目当ての物を買うつもりが人助けの為にそのお金を使ってしまって買えなくなったでもどうしても買いたくてその5人でオリジナルの【双子のマッチ売り】という劇をしてお目当ての物を買う為のお金を集めようという事になりました。
〜ここから劇が始まる〜
(劇の内容)
病弱なお母さんを助けるためにお兄ちゃんと妹は家にあったマッチを売りに行くでも、ちゃんとした服や靴はなく凄い雪の中を薄着で売りに行くことになる。そこまでしてもマッチはなかなか売れず二人は凍えてついには売り物のマッチに火を付けて暖かい家庭を思い浮かべて2人で話している。そんな光景をお金持ちのお嬢様は家の中から見ている。二人はいつの間にか遠いお金持ちの家の前まで来てしまっていたのだ…お嬢様は二人を助けようとするが上手く抜け出せず二人が凍えて死んでいくところを見ている事しか出来なかった。そして観客からお金を貰う。買いに行くところで夢が冷めてしまう。