短編小説

亜寒帯の聴取

題材スタイル: 
書籍タイプ: 

コンビニ帰りの私はふとマンションの上を見上げてみた。そこには少年と思わしき人がいて、彼に何故「死ぬ」のかを尋ねてみた。そして私は答えることにした。

100年後の恋人

題材スタイル: 
書籍タイプ: 

近藤ありさが時空を越えて恋する

SF×恋ストーリー

貴方の幸せ、私の幸せ。

題材スタイル: 
書籍タイプ: 

貴方が幸せでなければ、私も幸せじゃないから、貴方だけでも、どうか幸せになってほしい。

そんな不幸な少女二人の、仄暗く悲しい短編小説集。

怨嗟の穴

題材スタイル: 
書籍タイプ: 

 あるところに、記憶帽子なるものがあった。なんとそいつは被るだけで、人の記憶を観ることができるらしいのだ。けど、もしこんな便利なものがあったら社会はどうなるだろうか? 人間はどうなるだろうか? この物語はそんな便利な代物を手にした愚か者どもの不愉快なさまをお楽しみいただくものである。

渇いた舌

題材スタイル: 
書籍タイプ: 

五百年間、人間に監禁されていた吸血鬼が、渇望したものは、本当に愛したものの血であった。渇望したのは、血か、それともその者か。ただ渇き飢えた吸血鬼は、穏やかに闇にのまれゆく。

会いたいとは、もらさずに。

Vampiri Kiss

題材スタイル: 
書籍タイプ: 

男装カフェで働いている男装女子達のお話。
カフェを立ちあげる計画を立てる頃からそのカフェが人気になるまでを描く日常日記。
皆の汗と努力の結晶がしみじみ伝わってくる日記である。

街角より

題材スタイル: 
書籍タイプ: 

のんびりとした僕の一週間が始まる。ポーランドの古都クラクフの街角にヤコブの両替屋はある。亡くなった祖父から引き継いだ古い店だ。隣の写真屋店主アルタール、日本人観光客のケイ、アルタールの娘のニーナ、一人暮らしの老婆ヴェロニカ、そして飼い猫のミミ。なんでもない日々と、なんでもない人々の一週間の物語。

木洩れ陽のシャ流

題材スタイル: 
書籍タイプ: 

高校生の少年少女が、弓道でインターハイを目指す話。弓道部員達にはそれぞれ様々な思いがあった。

弱小校である青嵐高校に、ある時個人全中王者が入部した。しかし、王者だった頃の面影は無くなっていた。

薄桃

題材スタイル: 
書籍タイプ: 

妻子に先立たれた私は一人縁側で庭にある桜の木を眺めていた。しかしいつの間にやら春になると空色の着物を着た少女が満開の桜の木の下で仰向けに横たわっている。気になり、声をかけてみると……

霊恋

題材スタイル: 
書籍タイプ: 

事故で死んでしまった女の子早乙女レイは恋をしたことがないことが心残りで成仏できずにいた。
しかしレイは恋人に一途な男の子、月流トオルに出会い…