の幻想

異世界に来ても僕は一人を好みます。-2

題材スタイル: 
書籍タイプ: 

”一人が好き”な一宮 心(イチノミヤ こころ)、学校の全生徒・先生を含めた大規模な勇者召喚をされてしまう。次々と戦闘に向いたスキルなどを出している中、自分のスキルなどが全てーーーーーのことを知ることになる。しかも心だけ称号がーーーなのだ。そのことを王様に伝えると「すまぬ・・ここ王都から出て行ってはくれぬか・・・?」と言われた心は二っ返事でokした。
これは勇者召喚によって異世界に来てしまった少年・一宮 心によるのんびり異世界ファンタジー、ここに開・幕!

異世界に来ても僕は一人を好みます。

題材スタイル: 
書籍タイプ: 

”一人が好き”な一宮 心(イチノミヤ こころ)、学校の全生徒・先生を含めた大規模な勇者召喚をされてしまう。次々と戦闘に向いたスキルなどを出している中、自分のスキルなどが全てーーーーーのことを知ることになる。しかも心だけ称号がーーーなのだ。そのことを王様に伝えると「すまぬ・・ここ王都から出て行ってはくれぬか・・・?」と言われた心は二っ返事でokした。
これは勇者召喚によって異世界に来てしまった少年・一宮 心によるのんびり異世界ファンタジー、ここに開・幕!

ユース王国戦記

題材スタイル: 
書籍タイプ: 

ユース王国は小国だった。しかし、第26代目王のフリーディアが大幅な軍備拡張を進めた。これに危機を覚えた周辺諸国は、同盟を結成した。事実、ユース王国は周辺国への侵攻計画を立てていた。そして、遂にその時は来た・・・

英雄の息子は世界征服を企む~未来の英雄王~

題材スタイル: 
書籍タイプ: 

ホールン領次期当主であるシュヴェルト・ホールンは、アリベンス王国との戦いで戦功を上げ、教皇軍最高司令官カミネルに認められる。

彼の見事な策略でアリベンス王国軍を打ち破り、領内に侵攻しようとしたとき。王都から急使がやってくる。

『魔物の襲撃により、王都カラリヤ陥落寸前! 北方軍、東方軍、南方軍は国境線の守りを捨て、直ちに救援されたし!』

カミネルと共に王都へ参じようとしたシュヴェルトは、その道中で衝撃のものを目にする。
それを一掃し、王都へ馳せ参じ、玉座の間へ行った。

そこで見たのは、暗殺者と父ボリアールが切り結ぶ姿。
そして、父が暗殺者の手にかかる場面だった。

その場にいたカミネルと共に暗殺者に打ち勝ったシュヴェルトは、王女と共に王城から脱出する。
そうして自領に帰還した直後。

『今回の騒動の首謀者はボリアール卿。第一、第二、第三王子以外の王族は国王含め崩御なさった』と教皇が発表。
自らの父に汚名を着せられたシュヴェルトは激怒。
王女の旗の下、教皇打倒の兵を挙げた。

魔法使いは今日も歌を謳う

題材スタイル: 
書籍タイプ: 

魔法使いの中でも一番最高のランクを誇るのが「大魔法使い」。
大魔法使いを夢見たただ一人の少女と勇者でありながら、この世界にたった一人しかいない「大魔法使い」の称号を持つ青年の物語。

ある日、主人公の柚舞は魔法学者である父にお使いを頼まれ隣町の野草屋に来ていた。その帰りに男とぶつかって転んでしまう。柚舞は男に抗議しようとするが男の様子は何処か変でフラフラしていた。
心配して声をかけるが男は柚舞を無視し、歩きだそうとした為、男の裾をグッと引っ張り、男を押し倒し…?!

ORBITAL QUALIA

題材スタイル: 
書籍タイプ: 

「七年戦争〜フランス革命期に魔法が存在していたら?」
という歴史改変されたifの世界。中世から近代へ向かう激動のヨーロッパが舞台。
コール魔導学園を軸に世界を巡り、世界に翻弄される少女。
導くはマギステル、ユダヤのラビのはぐれ者。
あなたが記録した、流転しゆく物語。

Harry Potter

題材スタイル: 
書籍タイプ: 

魔法魔術学校ホグワーツでの生活で一人の孤独に苛まれる少女が新しい家族と友人、勇気と信頼を得る物語

Eggs

題材スタイル: 
書籍タイプ: 

圭が夏のバカンスで家族と
きた島の近くの無人島にどうしようなく心ひかれ一人で行こうとします

圭がのったボートがひっくり返り頭をうち気を失います

そこで
圭にとって大切なものとなる大きな大きな生き物に出会います

ウォーターゲート

題材スタイル: 
書籍タイプ: 

ありとあらゆる水の流れが繋がっている世界。コップの飲料水から太平洋まで、水の扉(ウォーターゲート)の向こうには人ならざる者たちが棲んでいる…。

夏の終わり。超大型低気圧が上陸し、湿度92%という観測史上初の異常気象に見舞われていた。カナヅチと低身長がコンプレックスの意地っ張りな高校生、戸渡 健(とわたり けん)は宙を舞う人魚と遭遇する。湿度の上昇により水の扉が緩んだのだ。人魚に懐かれた健は人魚とその守りに付きまとわれる羽目に。

健には何度も繰り返し見る夢があった。覗き込んだ水溜りに引きずり込まれる夢。
人魚に懐かれていることに気づいた健の祖父・悟は人魚など水の扉の向こう側の者たちを「つるみもの」というのだと教える。
「つるみものに騙されるな」という祖父の教えとは逆に、健は人魚のことをいつしか友達のように感じ始めていた。

気圧は次第に変化し、湿度が少しずつ下がり始めた頃。つるみものたちに追いかけられていた健を助けた人魚は、予期せぬ晴れ間の空気に溺れる。

場所は奇しくも水之宮の境内。「神様、こいつを助けてくれ!」祈ることしかできない健の願いに応えたかのように水溜りが突如光を放つ。ウォーターゲートが開かれたのだ。健はカナヅチの自分を省みず人魚を抱いてウォーターゲートへと飛び込む。

漆黒の仮面

題材スタイル: 
書籍タイプ: 

殺し屋&盗み屋である漆黒の仮面。
仮面をつけたその男は何かを探し続けていた。
ある日、盗みに入っていた所をある少年と出会い、彼を助手として傍に置くことにした。
少年は頭の回転が早く、逃げ道のルート確認や、機械の操作などなんでも手早くできた。
ある日少年は仮面の男の過去が知りたいと言い、仮面の男はそれを受け入れた。だが、思いもよらぬ過去であり、少年は信じられなかった。
その後仮面の男と少年は…